スキルチェックの方法

人材派遣会社に登録する場合には、スキルチェックを行うのが一般的なのですが、スキルチェックの方法には大きく分けると2通りあります。1つ目は口頭でこのスキルがあるということを伝える、2つ目は実際に実技という形でチェックする方法ですが、実技はどのようなことでもできる訳ではありません。
よって実技が行われるのは、ワードやエクセル、タイピングの早打ち、計算や文章の作成、ビジネスマナーのチェックなどが多くなっていて、その他の製造技術やプログラムの技術などは基本的に口頭のみとなっています。スキルチェックは採用試験ではないので、スキルが不足しているから登録できないということはないため、気軽に行いましょう。
また、スキルが足りない場合や、経験が浅い場合には、転職支援の一環として色々なサポートを受けることができる人材派遣会社も存在しているので、自分のスキルは正確に伝えることが重要です。現在ではパソコンを使っている職種が多いので、どのような派遣先であっても重要な技術と言えるでしょう。